リロケーションとは

リロケーションという言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。

「移転」や「配置転換」といった意味を持つ英語ですが、日本では転勤中の留守宅を誰かに貸すという意味で用いられています。2000年に定期借家権が導入され、一般市場にも留守宅の賃貸物件が出るようになりました。

ポイントとなるのはその家の所有者が転勤などで家が留守になる場合に一定期間貸家として管理士、家屋の管理点検など行うという点でしょう。つまりもう一度所有者に返すことを前提として管理がなされるという事です。現在ではリロケーションを専門に扱っている不動産会社もあるほど需要が広がっています。

多くのオーナーが数年単位でこのリロケーションを利用しており、留守宅をじょうずに活用しているのです。もちろん転勤だけではなく住み替えを検討している人や資産運用としてリロケーションを利用している人もいます。リロケーションのメリットは多く、貸す側にも借りる側にも利点があります。貸す側としては住んでくれる人がいて家をきれいに保ってくれるという利点がありますし、借りる側も更新料が必要無いことや最初から生活するために必要な道具がすべてそろっている点などがメリットとして挙げられるでしょう。利点の多いリロケーションですが、注意していないと思わぬトラブルを招くこともあります。

そこで当サイトではリロケーションのメリットとデメリットをわかりやすく説明させていただきます。